借金をしても返済が難しくなることもあります。収入が減ってしまったり、失業したり、病気になったりということもあります。そんなときには法律事務所の無料相談を上手に利用しましょう
借金したものが返済できなくなることは大変なことです。ある意味どのような理由があっても許されることではありません。しかしだからといって命を取られるというわけではなく、自己破産と個人再生という方法があるので、無料相談で説明を受けましょう。きちんと法律が救ってくれるはずです。

裁判所まず返済能力がまったくないわけではないという場合。
その上、不動産などの財産を残したいという場合は個人再生がおすすめです。
裁判所を介して借金を減額させるというものです。
個人再生が認可された場合、債務額は最大80%まで減額の可能性もあります。
不動産や車なども没収されずに、減額された残りの借金を5年間で返していくことになります。
もちろん信用情報には登録されるので、5~10年はローンなどが組めなくなることに

またまったく借金を返す返済力がなくなると、自己破産ということになります。自己破産となれば財産も没収され保証人にも迷惑を掛けることに。しかし失う物が大きすぎることから、ぎりぎりの手段となりますが借金は免除されます。このような方法を弁護士はクライアントにとって一番良い方法を選び、解決のために努力してくれるのです。


●参照リンク

債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

●関連する記事

借金返済が苦しくなったら

借金の返済が苦しくなって、どうしようもなくなってしまう場合もあります。そこでまず法律事務所の無料相談を利用してみましょう。法律事務所というと、費用の面が気になってしまう人もいるはず。もちろん無料相談の後、もし弁護士に依頼をするなら費用は発生しますが、トータルとしてどうなのかも無料相談で説明を受けましょう。弁護士に依頼して良かったと、きっと思う数字が出るはずです。

過払い金イメージ写真返済のトラブルを解決する方法として、過払い金請求、任意整理、個人再生、自己破産などがあります
その中でもまず過払い金請求と任意整理が、最初の一歩となります
2010年以前から借入をしている人で、金利18%以上で返済していた人は、過払い金請求をチェックが必要です。
2010年以前には大手を含む金融会社から借入をした人は、18%以上の金利を払っていた可能性があります。
悪徳業者によってどんどん利息が増え、今もまだ返済させられているという人も。当然、今まで多く払い過ぎた金利は戻ってくるので、それを現在の借金の返済に充てることもできます。

そして月々の返済をどうしても減らしたいという場合は、任意整理がおすすめ。もちろん返済能力がある人で、今の返済額は難しいという場合となります。任意整理とは債務者と債権者の任意の話合いによって、返済額を減らすという方法です。債務者はもちろん弁護士が代わりに話合いを行ってくれます。例えば返済額を減らして月々の返済額を減らすということができたり、元金だけ返済し利息を債権者に無くしてもらうことも可能な場合も。

債権者の方も結局、返済が無理な状態になって自己破産されてしまうよりは、元金だけでも返済して欲しいわけです。このように弁護士は債権者の立場にも立ち、損得をしっかり説明し、最終的に少しでも多く債権者に折れてもらう話合いを勧めます。そのためどのような結果が出るか、確実な予測はできませんが、債務者にとって相当楽な返済条件が出るはずです。そのため任意整理に強い弁護士を選んで、まず無料相談を受けましょう。


●関連する記事

借金の返済が難しくなったら